海外出張に向けてSIMロックフリーのWifiルーターを買いました。

こんにちわ。Mr.Xです。
vuls for azure (というのもなんか変な表現だな)の第4回はまだ。
第3回が、ややラフになってしまったのはちょっと反省しているので、そのうち書き直すと思う。

今回はWifiルータと海外Sim(AT&T)の件。

海外出張に行くのにwifiルータレンタルってどうなの?

主に価格面のお話なのだけど、ここ見てもらえれば早いかな。
価格.com アメリカの比較

結構いい値段する。1週間で4,060円から8,750円と幅があり、容量等もまちまち。
私が渡米する場合は少なくとも1週間は滞在している。年に1度であればそれほど大した金額でもないが、数度となると結構ばかにならないのではないか。

というわけで今回は買ってみた。
NETGEAR AirCard AC785-100JPS

これSIMロックフリーのわりにリーズナブル。価格.comではAmazonが最安だった(7/19時点)。
12,480円とのことで高いじゃん、という意見はあるだろうが、SIMは現地で買うとすれば、数回の渡米で元が取れそうだ。
もちろん国内のSIMを買えば、普段使いもできる。

海外SIMどうする?

アメリカでのSIMは利用可能なバンド等を比較した結果、AT&TのGoPhoneで使えるSIMにした。
AT&T 3G LTE プリペイド Micro SIMカード SKU 40954 並行輸入品

モバイルデータ通信専用のプランで 2GB/30日 $25 今のレートなら3,000円弱だろうか。
もちろん安いプランもあるが滞在期間や内容に応じて使い分ければいいと思う。それと、AT&Tでなくても、利用バンドがあっていて、モバイルデータ機器でも利用できるSIMならどこでもいい。
なお、普通郵便でポストに入ってたので、受け取りも楽々だ。

SIMのアクティベート

まずはAT&TのWebサイトでActivateを行う。

activate

こういう画面が出る。今回はwifiルータ用の新規Activateなので、まずは”Activaete account”のWifiルータ用のTablet or Mobile Hotspotをクリック。

その次の画面ではSIMカードの番号を入力する、次へ次へと画面が移るごとに入力を進めていく。
途中ハマるとすれば、IMEI番号を書くところと、Service ZIPを入れるところだろうか。
IMEI番号はデバイスのどこかに記載があるはずなのでそれを入れる。ちなみに、ここで電話機能のあるデバイスだと、このタイプでしかもデータ専用プランは選べないので、電話機のテザリングでと考えている人は、どうにかしてモバイルWifiのデバイスのIMEIをゲットするしかない。

Serveice ZIP codeについては、利用する都市の郵便番号を入れる。今回私は最初に泊まるホテルの住所を利用した。
また、ユーザーの住所の入力を求められるが、実は必須ではないし、アメリカのみの設計のようなので、スルーしていい。

アクティベート処理を進めていくと、最終的にSIMに電話番号が割り当てられる画面になる。ここから初期パスワードがこの電話番号あてにSMSで送られてくるが、国内でここまでの処理を行った場合、SMSを受信することはできないので、ここからの処理は渡米後になる。ちなみに、26日間のうちに進めないとSIMが無効になってしまうとのことなので、渡米直前に処理するのがおすすめ。
なお、この電話番号の画面はスクリーンショットをとるか、文字にして残しておこう。後で使う。

今回利用したWifiルータでは、管理画面に入るとSMSを見ることができるので、個別のSIMフリー電話機などは不要だ。

渡米後の作業

WifiルータにSIMを刺し、パスワードのSMSを確認。
フリーのwifiなどを利用して、AT&Tのログインページに行く。
ここで、割り当てられた電話番号と、SMSで届いていた初期パスワードでログインする。

1
ログインすると、新しいパスワードの入力を促されるので適宜決める。
アクティベートが完了すると、プランが表示され、リフィル処理を求められる。

3

Refill Accountを選択すると、このプランへのチャージができる、クレジットカード等の入力画面になる。
チャージが完了すれば、下図画面がでるので、完了したことが分かる。

4

これで一連の処理は終了。なお筆者の場合、クレジットカードの処理に一度失敗したが、もう一度実行してOKになった。

WifiルーターへのAPN設定

ひょっとすると、自動でできるのかもしれないが、ルータからAPNが間違ってるとメッセージがあった場合は、ルーターの管理画面でAPNをセットしよう。
APNの欄に “broadband” と入れるだけであとは空欄でいい。
少し時間があって、接続が完了する。

レッツエンジョイ、インターネット。

参考など

・LTEちゃんとつながる。
・ダウンロードスピードはだいたい4~10 Mbps。
・iPhoneからつながらなくなる。何度もパスワードを要求されている。
おさまらない場合は本体のリセットがいいみたいですよ。

AT&TプリペイドGoPhoneデータ通信オンリーMobile Hotspotプランに加入する方法

“海外出張に向けてSIMロックフリーのWifiルーターを買いました。” への1件の返信

  1. ピンバック: アメリカでのWiFi – eminus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*